仕事と趣味は、私は同じぐらいなんです。趣味が楽しかったら、仕事も楽しめるタイプなんで(笑)
営業
1年生 / 白井 結
2017年11月09日 取材
今回は、営業歴1年生の、白井 結さんにお話を伺いました。
もともとの性格が、好奇心旺盛というか・・・色んな事を知りたい性格だったんです。

もともとの性格が、好奇心旺盛というか・・・色んな事を知りたい性格だったんです。

高校は学園祭行って決めたんです。学園祭で、生徒がすごい自分たちで計画して、盛り上げてやってますっていうのを聞いて。あとは部活(バスケ部)が強そうやなって。その時は目先のことしか見てなかった。

でも高校は目先でいいんじゃないかな、って思います。将来のことを考えてお固いところに入るよりは、自分のフィーリングじゃないですけど、いいなっていう高校に入って。

大学は、私は保育士になりたいなって思ってたんで、保育士の資格取れるところに行きました。

大学のときに人生設計をする授業があったんですね。その時に、既に保育士は子どものころからの夢だったのでなるのは決めていたんですが、何年後かに一般企業で違う仕事もしたくなるかなと思って。短大で保育士の資格をとった後、学歴のことを考えて四大に編入しました。短大では保育、大学では福祉を専攻していました。

保育士で働くのは楽しかったんですけど、その後、やはり違う仕事もしてみたくなって転職を決めました。

 

p_story-bath-systemdesign01-1

入れ替わりの早い園だったので、早くからリーダーになって下の子を育てたり、行事もいろいろやって達成感があったので、転職をするなら今かな?という気持ちで決めました。

自分の子ども時代の先生のことは、全く覚えてないんですよ(笑)

ただ子供が好きで、先生への憧れがあって。

中学の時の職業体験で幼稚園に行かせてもらって、その時から仕事にしたいと思っていました。

人と接するのは好きなほうで、バイトでも接客をしていたので、保護者対応でお母さんと話すのも全然苦じゃなかったです。なんで割と向いてるかなと思ったんです。

 

辞めるときは、やり切ったっていう気持ちが私の中でありました。

入れ替わりの早い園だったので、早くからリーダーになって下の子を育てたり、行事もいろいろやって達成感があったので、転職をするなら今かな?という気持ちで決めました。

それから事務職をしていたんですけど、その会社があわなくて、結局今、ここでお世話になっています。

まだ入社して1か月たっていないんですけどね(笑)

 

p_story-bath-systemdesign01-2

仕事と趣味は、私は同じぐらいなんです。趣味が楽しかったら、仕事も楽しめるタイプなんで(笑)

保育士を辞めた時は、漠然としていたんです。

違う仕事はしたかったんですけど、イマイチこれがしたいっていうものがなくて…。

きっと大学生の人の中でもこんな風に悩んでいる・自分の夢って明確に決まっていない人は多いと思うんですけど、私もそれで。ただ、趣味が多いんで、土日休みの仕事がよかったんですよ。

 

休みの日は、バンド活動とかしてますね(笑)

社会人になってから始めたんですけど、バーとかライブハウスで、キーボードやボーカルやってます。

みんな社会人で趣味でやってる感じなんで、そんな頻繁には活動してないんですけど。

昔、ピアノを習ってて、保育園でもピアノやってたんで、キーボードはそれでやりだした感じです。

 

好奇心旺盛なのは趣味にも出てて(笑)

他、ダーツとかやってます。去年ぐらいから友達の影響ではまりだして。土日に大会があるんです。

大学のころから結構色んな事に手を出してて。浅く広くかな。あとバスケとかも(笑)

でも、どれも本気ってわけじゃなくて、趣味でちょこちょこやってるんです。

 

仕事と趣味は、私は同じぐらいなんです。趣味が楽しかったら、仕事も楽しめるタイプなんで(笑)

趣味をつぶして仕事頑張れるかっていうと、私は無理なタイプなんで、やっぱり土日休みの仕事って考えたら、事務職か営業職かなって。

 

p_story-bath-systemdesign01-3

今の社長は、面接の時に「このホテルはこんな風に綺麗になっているんだ」とか、会社のことをたくさん、すっごい楽しそうに話してくれたのが印象的で。

保育士を辞めたあとは不動産の事務職を少しだけしてたんですけど、座ってるだけなのが苦痛で、私にはあわなかった。それで営業やってみたいなって思ったんです。

ここの会社は、転職活動していた時、人材派遣の方に「こんな会社で、すごくいい会社だと思うんだけど…」って紹介してもらったのがきっかけです。それで来てみたら、女性の営業の方がいらっしゃって。

 

面接では、社長が出てきてくれたんですね。

前の会社の時は、事務員さんとメンバーの方の面接で、社長とはお会いしていなくて。でも、それだと会社の様子が全然わからなくて。

今の社長は、面接の時に「このホテルはこんな風に綺麗になっているんだ」とか、会社のことをたくさん、すっごい楽しそうに話してくれたのが印象的で。会社のことがすごく好きなんだなっていうことが分かったんです。

 

p_story-bath-systemdesign01-4

私より1か月先に入った同期がいるんですけど、負けたくないっていう思いです。そう考えてたら、頑張ろうっていう気持ちが苦じゃないですね。

初めはやっぱり覚えることがいっぱいで、毎日頭がパニックになったりするんですけど、切羽つまるだけじゃなくて、息抜きもしながら。

川波さんが私の直属の先輩なんですけど、やっぱりすごいなと思うところがいっぱいあるんで、そこを目指したいなと思ってます。今はそれが楽しいっていうか。

現場を見て帰ってきたら、川波さんに写真を見てもらうんですけど、私が全然見てなかったところを、「ここどうなってんの?」って質問されて、「あぁ、そこ見てなかったです!」とか。

聞いたことは全部、すぐ返答してくれたり、なんでも答えてくれるし、着眼点が違うなって思うんですね。

営業って数字が出るじゃないですか。それを見てても全然桁が違う。女性なのに活躍しててすごいなって。

そんな風に尊敬できる先輩を見つけられたら、仕事も頑張れると思います。

 

私より1か月先に入った同期がいるんですけど、負けたくないっていう思いです。そう考えてたら、頑張ろうっていう気持ちが苦じゃないんですね。一緒に頑張ろうっていう仲間がいたら、頑張れると思います。

 

今の営業の仕事は楽しいです。外に出れるところが(笑)。

外にでて、色んな人と逢うことや、建物や間取りを見るのが好きなので、そういうのや、リフォームで綺麗になったものを見れたりとか。まだ覚えることいっぱいですけど(笑)

 

p_story-bath-systemdesign01-5

人生設計では、もう結婚してたんですけどね(笑)。大学生のころはこうなってるとは思ってなかった(笑) でもありのままでいたほうがいいと思います。

p_story-bath-systemdesign01-6

 

んー。なんかでも型にはまらないほうがいいのかな、と思います。

私も学生時代に就職活動をしていたんですけど、よくマニュアルみたいなものがあるじゃないですか。

書類にしてもこうしたらいいっていう見本があるけど、すごく堅苦しいというか・・・。

みんな同じことを書いてるんじゃないかなって思って。

やっぱり行きたい会社のことをたくさん調べて、自分なりの言葉で書いたほうがいいのかなと思います。

 

将来、私もいつかは結婚して子供は欲しいですけど。

でも、今は仕事始めたばかりなんで仕事を頑張りたいと思ってるんで、あんまり先のことは考えてないかな。人生設計では、もう結婚してたんですけどね(笑)。大学生のころはこうなってるとは思ってなかった(笑)

でもありのままでいたほうがいいと思います。

 

p_story-bath-systemdesign01-7

Thank You Message

インタビュワー 0さんから 白井 結さんへ、インタビュー体感後のメッセージです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「送信する」ボタンを押してください。