mainimg_yasutomi
仕事も、好きなことであれば「こういう風にしていったらいい!」という前に進めていく方向性が何となく分かるものなのかなと思う。
webデザイナー
11年生 / 安富まゆ
2016年12月22日
今回は、webデザイナー歴11年生の、安富まゆさんにお話を伺いました。
『自分が好きなモノづくりを職業にしてしまうと嫌になっちゃうんじゃないかな?』と思い・・・

はじめの職業は保育士だったんです。

進路を選ぶ時に2つ考えて、

ひとつは、自分が好きなモノづくりや絵を描いたりするクリエイティブな職種、

もうひとつは、子供が好きだったので保育士、その2つで迷った時に、

モノづくりを職業にしてしまうと、嫌になっちゃうんじゃないかな?』と思い、保育士に進みました。

 

それから、何度か行き詰まることがあって、

「自分はほんまは何がしたいのかな?」ということを改めて考え直した時に、

印刷会社で働いていた友達が、WEBデザイナーに転職したんですね。

 

当時、WEBデザイナーは職種として新しく、今みたいに普及していない時で
どんな職業かもよく知らなかったのですが、話を聞いているうちにおもしろそうだな!と思ったんです。

 

ちょうど、クリエイティブな仕事をしたいけど、どういう職種があるのかわからないと思っていた時だったので、興味を持ち、結果的にその方向に進むことになりました。

 

WEBデザイナーになるまでは、スクールでアプリケーションの使い方は学習しましたが、さわりぐらいだったので、実際は会社に入ってから実務的なことを覚えていった感じでした。

 

p_story_yasutomi1

仕事も好きなことじゃないと「こういう風にしていったらいい!」という 前に進めていく方向性までわからなくなってきてしまう。

帰宅時間は保育士の時よりも遅くなりました。

納期が近くなると大幅に帰る時間が遅くなって、体力的にしんどいなっていうのはありましたが、

好きな仕事やったんで、「なんとなくこうしていったらええんちゃうかな?」という

わからないなりに 「こうがいい!」と思うビジョンが自分の中にあって、その点で楽しかった。

 

保育士の仕事はいい仕事で、やりがいもあったと思うんですが、

途中で、どういうふうな方向性でこれから頑張っていったらいいのかがわからなくなってきてしまった。

人によっては、わからないなりにそれなりにやっていける人も多いと思うんですが、

私は、「ほんとにわからない!」ってなったら、もう無理なような気がして。

もう1度考えた時に、昔から好きだったモノづくりとか、絵を描いたりすることやったら何か見えてくるものがあった。

 

なんか、それでわかった。

自分の好きなことじゃないと、しんどくてもやっていけないのかなって。

自分としては、好きなことを仕事にしてしまうと嫌いになってしまうんじゃないかな?と思って、

1回は避けた方向だったけど、結局は、

仕事も好きなことじゃないと「こういう風にしていったらいい!」という

前に進めていく方向性までわからなくなってきてしまう。

私は好きなことを職業にしないとダメだなぁ~と思いました。

 

p_story_yasutomi2

お客さまの思いがあって、それを聞いて提案したものが喜んでもらえた時はやっぱり嬉しいです。

今は、自社サイトの運営をしているので、WEBデザイナーとしての仕事は少ないのですが、

前の会社では、クライアント様にオフィシャルサイトをつくったりしていました。
営業さんがヒヤリングしてきた内容を聞いて、

このサイトをつくるんだったら、こういうデザインでこういう内容がいいんじゃないかと

自分なりの考えと思いで提案したデザインが、ちゃんと伝わって、気に入ってもらえて、喜んでもらえた時は
嬉しかったですね。

 

仕事によっては、「ウチの会社、サイトないから」というような
なんとなくといった感じで特にはっきりした目的もなかったり、

「こんな色がいい」とか、表面的な内容だけでお願いされる時もあるのですが、

そういう時は、それしか材料がないので、こちら側から提案していくような感じにはなるんです。
ただ、そういう依頼よりは、お客さまの思いがあって、それを聞いて提案したものが喜んでもらえた時は
やっぱり嬉しいですね。

逆に、「いいから、こうして!」って言われてしまう依頼もあるのですが、

それはそれで仕方がないかな? 汲み取りきれなかったのかな?と思ったりすることはあります。

お客さまの思っていることをちゃんと表現できて、わかってもらえた時は嬉しいのですが、

なかなかそうならないことの方が多いんです。

 

これがいい!と思って出したものが、「いや、違うなぁ」とか、「いいから、この色にして」とか、

「こういうレイアウトにして」って、あっさり変えられてしまった時はショックなんですけど、自己満足で作っているわけじゃなくて、
相手が必要なものをお仕事で作るので、それは仕方がないなと思っています。

 

p_story_yasutomi3

WEB業界は進化が早く、次々に新しいものが出てくるので、 常に勉強しておかなければいけないという焦りはありますね。

WEB業界は進化が早く、次々に新しいものが出てくるので、

常に勉強しておかなければいけないという焦りはありますね。

前職のようにクライアントから依頼を受けてホームページを創ったりしていると

外部との接触もあって、流行りのデザインを作る仕事が自然と入ってくるのですが、

今は自社サイトの運営でひとつの会社にとどまっているので、業界として置いていかれやすい。

うっかりしていると、そうなってしまう焦りがあったので、

転職の時にその辺りどうしようかなぁ~?という迷いはありました。

でも今はネット上で情報が沢山あるので、自分で勉強しようと思ったらできますが、
そういう意識でニュースとかを見たりしておかないと、ほんとに自分の成長は止まります。

 

p_story_yasutomi4

なんか不思議とわたしが悩んでいたり、行き詰っている時に、 「どうや?」みたいな感じで連絡をくれたりするのです。

初めてWEB業界に入社した時に出会った職場の上司が、

この業界で仕事する上での基本的なことをきっちりと教えてくれて、

そして、今も気にかけてくれて、

なんか不思議とわたしが悩んでいたり、行き詰っている時に、
「どうや?」みたいな感じで連絡をくれたりするのです。

女性の方で家庭も仕事も両立されていて、そんな忙しい中でも私のことを気に掛けて

いつもすごくいいタイミングで声を掛けてきてくれる

その方は自分と関わりを持った人に対して、
「ごはん行こうかぁ~」ってよく誘ってくださって、みんなに慕われている方で、
わたしのことも覚えててくれたんや~みたいな感じで嬉しいです。

 

p_story_yasutomi5

WEBだけに限らずクリエイティブなことで機会があったら、色々挑戦してみたいなと思っています。

現職は、WEBの仕事をメインでしているのですが、、

基本的にはモノづくりが全般的に好きなので、今は動画制作を任せていただいたり、
コーディネーターさんの仕事もちょっと手伝わせてもらったりとか、そういうのも楽しくて、
WEBだけに限らずクリエイティブなことで機会があったら、色々挑戦してみたいなと思っています。

 

p_story_yasutomi6